<< 10周年 | main | HOMEPAD「住まいの達人コラム」 >>
安曇野ちひろ美術館
長野県安曇野の「ちひろ美術館」を久しぶりに訪れました。
アプローチからはどこに美術館があるのかわからないほどで、歩くうちに
山の稜線の間に目立たぬように屋根が見えてきます。
その屋根の下に入ると美術館なのですが、特別な仕掛けや提案は排除されており、排除という言葉が似合わないほど自然な空気が流れています。
所々を高さ2100と低く抑える事で、落ち着いた雰囲気を作りながら屋根裏の梁の素形が建築家が誰であるかを語っています。(設計:内藤廣氏)
複雑な条件を何事も無かった様に自然に表現しているのが、作家いわさきちひろの画風とシンクロして感動を深いものにしているように感じました。


| - | 12:38 | - | - |